よくあるご質問|横浜のデータセンター・ハウジング - ネットフォレスト インターネットデータセンター

1Uハウジング・クラウド型WAF・脆弱性診断・データセンターのことならネットフォレスト

Data Center データセンター

よくあるご質問

サービス全般

Q最低利用期間はありますか?
A

サービスによって、最低利用期間は異なります。詳しくはお問い合わせください。

Q途中解約した場合、返金はありますか?
A

返金はございません。予めご了承ください。

Q契約期間中に途中解約すると違約金は発生しますか?
A

契約期間終了までの料金が発生いたします。

Q支払にクレジットカードは使えますか?
A

使えません。請求書による銀行振込が基本です。

Qサービスを利用するまでどの位の時間が必要ですか?
A

サービスによりご利用開始までの期間が異なります。詳しくはお問い合わせください。

データセンター

Qデータセンターの見学はできますか?
A

可能です。

Q駐車場はありますか?
A

はい、あります。
※事前の利用申し込みが必要です。
※台数の制限があるためご利用いただけない場合もあります。

Qデータセンターの住所を教えてください
A

セキュリティの関係で非公開となります。

Qデータセンターは自由に出入り可能ですか?
A

ラック単位のご契約をいただければ可能です。ユニット単位でご契約の場合は当社の立会いが必要となります。

Qデータセンターは常時有人ですか?
A

建屋管理の警備員は常駐しています。エンジニアは常駐しておりませんが、契約内容によっては駆けつけ対応も可能です。

ハウジング(コロケーション)

Q運用・監視オプションサービスについて教えてください
A

運用・監視オプションサービスでは、以下の作業を実施します。
・お客様の依頼による設置機器の目視点検。
・お客様の依頼による設置機器の電源スイッチによるOn/Off。
※要件に応じて他の作業内容にもご対応いたします。

Qユニットおよびラックあたりの電源容量はどの位ですか?
A

1ユニットあたり100V1Aまで、1ラックあたり100V24Aまでご利用いただけます。

Qインターネット回線を自社で調達する事は可能ですか?
A

当 iDC は、キャリアフリーとなります。ご希望の回線を調達可能です。

QグローバルIPアドレスは割り当ててもらえますか?
A

はい、当社提供の回線をご利用いただければ必要数を割り当ていたします。

Qグローバル IP アドレスは希望数提供いただけますか?
A

希望数により JPNIC への申請が必要となります。利用用途により希望数の割り当てが出来ない可能性もあります。

ホスティング

Q利用可能なメールのアドレス数に制限はありますか?
A

ありません。
ライトプラン以上であればディスク容量範囲内で、メールアドレスを自由に作ることができます。

Qメールとウェブそれぞれにサイズ上限があるのですか?
A

プラン毎に利用可能な容量が決まっています。容量は、メールとウェブの使用量の合計です。

Qドメインの管理はしてもらえますか?
A

地域属性型、汎用JP、gTLDドメインなど各種取り扱いが可能です。また、新規での取得も可能ですのでお気軽にご相談ください。

Qデータベースは利用できますか?
A

MySQL、PostgreSQL をご利用いただけます。プランによりデータベースをご利用いただけないもしくは利用用途が限られるプランがあります。

Qディスク容量を増やすことは出来ますか?
A

複数プランをご用意しております。プラン変更していただく事で可能です。

専用線

Q利用可能なエリアを教えてください。
A

調査の上、ご回答いたします。まずはご相談ください。

WAF(Scutum)

Q見積をとるのに必要な情報は何ですか?
A

月間の5分単位のトラフィックレポートが必要です。
無い場合は、サイトのURLとページビュー (日単位、週単位、月単位) がわかれば算出できます。

Q契約単位はどのようになりますか?
A

FQDN(=ホスト)が単位となりますが、1契約で運用可能なFQDNの数はプランによって異なります。

QDNS変更前にScutumを検証する事は可能ですか?
A

PCのhostsファイルを変更する事により、PC1台から検証する事が可能となります。

QScutumを導入する事によるレスポンスの低下はありますか?
A

Hop数が増える事、不正な通信かどうかチェックする事からレスポンスは低下しますが、このレスポンス低下は体感できるレベルにならないよう構築しています。ただし、環境により差が出る可能性があるため、DNS変更前にhostsファイルを変更して事前にレスポンスの差異を確認されることを推奨します。

ウェブ改ざん検知(gred)

Q改ざん時の切り替え機能について教えてください
A

指定のタグをウェブページに埋め込んでいただき、改ざん時の切り替え機能をONにしていただくと、万が一ウェブページが改ざんされ、システムが改ざんを検知した場合、改ざんされたページは、ユーザに閲覧されず、指定のウェブページに切り替わります。
この機能は、改ざんされたページのみを切り替えることも、タグを挿入した全ページを切り替えることもできます。また、クロスドメインがあった場合でも切り替えることができます。

Q導入の際、既存サイトに何か設定は必要ですか?
A

いいえ、お申込書のご記入のみでご利用いただけます。ただし、改ざん時のページ切り替え機能をご利用になる際は、各ページに事前に指定のScriptを埋め込む必要があります。

Qサイトにログイン機能がある場合その先もチェック可能ですか?
A

いいえ、認証を必要とするページは解析できません。

Qスマートフォンサイトのチェックは可能ですか?
A

はい、可能です。

Q診断時に掛かる負荷はどの位ですか?
A

1秒間に10ページ、同時に閲覧された程度の負荷です。

Q一回の診断に掛かる時間はどの位ですか?
A

ページ数にもよりますが、30分~1時間程度です。

横浜データセンターをご検討の方へ

データセンターに関する電話受付

データセンターに関するWEB受付