データセンター利用事例ケース6「Web サイトの改ざん検知」|横浜のデータセンター・ハウジング - ネットフォレスト インターネットデータセンター

1Uハウジング・クラウド型WAF・脆弱性診断・データセンターのことならネットフォレスト

Data Center データセンター

Case6(Web サイトの改ざん検知)

利用事例

【利用前の課題】

  • ウェブサイトの改ざんが増えている事は知っているが、具体的に何から始めれば良いか分からなかった。
  • ウェブサイト上で個人情報を取得しているわけではないが、最低限のセキュリティ対策は実施したかった。
  • セキュリティエンジニア不在でも問題ないものを導入したかった。

【利用開始後】

  • 毎日のチェックで、万が一改ざんされても早期発見することができるので安心して運用出来る様になった。
  • サイトが安全であることを証明できるので、閲覧者に安心してサイトをご利用いただけるようになった。
  • 一般のウェブ閲覧と同じようにインターネット側からコンテンツをチェックするだけなので、設定も導入後の運用も一切手間がかかっていない。

【利用したサービス】

  • ウェブ改ざん検知サービス 300ページプラン

ご提供サービス

ウェブ改ざん検知(gred)

Web サイトの不正な改ざん被害を定期的にチェックを行い、管理者にすぐに通知し早急な対応を可能にする検知サービスです。